ある殺人事件

大量出血で死亡すると言う事件が起こる。被害者は最近破産した若い企業家だった。

解剖の結果毒物を飲んでの殺人ということで捜査官らは被害者の自宅を調べる。

体に付いていたパスタから体に食べ物を乗せたりして食べるパーティだとわかり、そこで事情を聞いていると、向かいのビルの1室が被害者の部屋であることがわかり、パーティ出席者の女性の一人が被害者と屋上で楽しんでいたことも判明する。

そして残りのジュースから毒物も検出され、混入時期を調べる。

混入時期が48時間前だとわかり、そのころに被害者の家の競売で見学ツアーがあり、見学者のリストから一人の容疑者が浮かぶ。その容疑者は被害者の会社の社員だったのだ。

失業して財産をなくし恨みで被害者を毒殺し、捜査官らに逮捕される前に自殺しようとする。

容疑者の説得にあたったのは最近ミスをしている捜査官のひとりで今回のことは自分も欲のために詐欺にかかり財産を失い、住む家もなく友人のところに泊まり歩いてよくわかると説得する。容疑者が手すりを離して落ちるところを説得した捜査官ともう一人の捜査官で助けると言う話だ。

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>