ある事件

自給自足の生活をする宗教団体(?)の信者の女性から少女の性的虐待の助けを求める電話があり行動分析課の職員二人が州警察の女性と一緒にその場所に赴く。

そこで事情を聞いているときに警察が侵入し銃撃戦となり、警察の女性が死亡してしまう。

二人は身分を隠して中で調べようとするが、検事総長とFBIで縄張り争いのような揉め事があり、それでテレビ局に中にFBIの職員がいることをばらしてしまう。(いくら腹が立っても命に関わることの情報を漏らすなんて上に立つ者のすることではないと思うわ)

宗教団体のリーダーが問い詰め一人が白状する。そしてその職員は暴行されるが人質となる。また捜査官らは団体のリーダーのことについて前のリーダーから事情を聞く。

彼は少女を過去に乱暴していて服役していたことが分かり、今回のことでは刑務所に行くのを嫌がるので慎重に対応していく。

人質救出の段取りを整え決行するがリーダーらが立てこもりの教会を爆破して自爆する準備をしている最中に突入し、銃撃戦となりリーダーは死亡する。

助けを求めた電話の女性の娘がリーダーを崇拝していて洗脳され自分は妻だと言い、信者が脱出中の混乱の中、倒れたリーダーをみて自ら爆破スイッチを押す。

無事に一般信者らは助かるが、あの女性の娘は戻らず母親ががっくりするところは可哀想。

また二人の捜査官はお互いに無事を確認し合うという話だ。

 

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>