CSI事件簿

病院の救急治療室で発砲事件が起こる。

敵対するギャング団の一人が治療に来てそこを狙ったのだ。

調べていくとギャング団のボスが殺されことへの報復だとわかる。

捜査を進めていくうちにボスを殺害したのは敵対するギャングではなく、

ボスの妻が浮気をした相手が犯人だったのだ。

殺害するときにボスの娘が犯人の体のタトーを見ていたのだ。

まだ小さい女の子には分からなかっただろうけど可哀想。

間違った相手を襲って病院で事件を起こすなんてひどい話だ。

被害者たちは可哀想だ。

また、別の事件で無関心な仕事熱心な両親にかまってもらえない小さな子のベビーシッターが、親の歓心をかおうと誘拐する。

ところが、病院で例の発砲事件に出くわして、いろいろ調べられて、親子でないことが分かり、事情を説明する。

そして、ベビーシッターのほうが、実の親よりも子供のことを思っていることをしり、捜査官がホレイショと相談して、実の親に告訴しないようにさせてベビーシッターは放免となる。

親の愛情を知らないで育ちそうな子供に同情するわ。可哀想。ベビーシッターの気持ちもわかるわ。

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

CSI事件簿 への2件のコメント

  1. I discovered your blog web site internet site on the search engines and check several of your early posts. Always sustain up the really great operate. I recently additional increase Rss to my MSN News Reader. Seeking for toward reading significantly much more on your part later on!…

  2. Vakkas より:

    Thinking like that is really imspirseve

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>