執着心

隣人の男性を殺害するという事件が起こる。

逮捕をしてその男が自白をして、別の行方不明の女性の遺体も見つかる。

ところが、相手の弁護士は不当逮捕だから、今までの証拠は無効だと主張する。

検察官は自供で遺体が見つかったことを言うが、判事は証拠は無効だという。

起訴の状況が不利な検察官は、もう一人殺害したと言っていたのに、殺害していなかったことで改めて別の視点から調べなおす。

そして、子供のときに父親を亡くし、母と二人きりの生活を邪魔されたくないために、殺害したことが分かる。

隣人の男性は母親と園芸の趣味が共通して、又、もう一人の女性は母親の引越し先を探す業者だった。

検察官は母親を説得して、証人として話させ、二人の殺害犯として刑を科す。

引きこもりで、執着心が強いと大変だわね。

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>