金田一少年の殺人事件のアニメ

金田一少年の事件簿のアニメを見た。

今回は今までと違って、犯人に間違えられて逃げ回るという話だ。

人気作家が殺害されその犯人に金田一少年がされてしまう。

不利な状況で、自分で犯人探しをするため逃亡する。

しかし、作家の原稿の隠し場所のヒントを教えてもらうためにその人たちに会いに行くが、先回りされて殺害され、またまた犯人にさせられる。

友人の記者にヒントを知っている人の居場所を調べてもらうが、実はその中に犯人がいたのだ。出版、メディア関係者などの中にいたのだ。

犯人は娘の腎臓移植で、ドナーを待つ間に臓器密輸の手伝いをさせられていたのだ。その中に娘に合う臓器があれば優先でもらえると思い悪事に加担していたのだ。

そのことを作家が実名で暴露するというので、その前に殺害して原稿を処分しようとしたのだ。

犯人はメディア関係者のひとりだった。

一人娘の病気を治したいために犯した殺人事件だった。

5人も殺害して逮捕されるときに、自殺をして自分の残った一つの腎臓を娘に移植するように頼んで亡くなる。

母親も亡くなり、今又父親も亡くなり、一人ぼっちになった女の子を友人の記者が自分が引き取って育てると言うところは感動したな。

また、携帯電話ではなくポケベルと公衆電話には時代を感じた。

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>