新たなる悪の組織のドラマ

ある墓地で銃撃事件が起こる。

その場所には囚人で仮出所で母親の葬儀に来ていた男も殺害される。

囚人の保釈金は金持ちの女の子が悪の恋人に頼まれて出したという。

その恋人が新たな悪の組織で、地元のスポーツ用品会社のオーナーに密輸の仲間になるよう強制する。

その密輸した武器で今回の墓地での事件に使用したのだ。

邪魔な別の組織の人間を殺害したのだ。

そしてそのスポーツ用品のオーナーの自宅も襲われる。家族はパニックルームに逃げ込んで無事だったが、メイドが取り残され被害にあう。

メイドは妊娠していたが、怪我で子供は助からなかった。(可哀想に)

スポーツ用品のオーナーから密輸の場所と時間を尋ねて、悪の仲間たちを捕まえるが、その男は逃がしてしまう。

行き先はメイドの口封じのために入院している病院だ。

メイドは移民局に頼まれてスパイのようなことをしていたらしく、邪魔なので絞殺しようとしているところを捜査官が助け、その男を逮捕しようとするが、攻撃されたので殺害してしまう。

捜査官はまた自分の手で悪人を殺害してしまったことに悩んでいるような感じだった。(あくまでも私の自己中のドラマを見た感想だ)

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>