子守

女子刑務所の囚人が外部の病院に診察に行き、そこで脱走事件が起こり、女性警部の娘の子守をしていた女性も逃げ出す。

警部の家に逃げて自首を勧められる。

つきあっていた恋人を庇って収容されていたようで恋人の子を妊娠していた。

そして刑務所内での不審な死亡事故があり、調べていくうちに今度は医者まで殺害される事件がおこる。(殺害された医師は真相を知ったために殺害された)死んだ女性の囚人を検視していくうちに薬物の疑惑が出てくる。

犯人はもう一人の刑務所の医師で娘が白血病で苦しんでいるのを見かねて、新薬の治験実験を勝手に囚人にしていたのだ。

死亡した囚人は長い服役なので都合がよくてしていたのだ。

また、もう一人の囚人にも薬を飲ませていたが、仮出所で彼女は体調が悪くなるので薬の服用を止めていた。

残っていた薬でその医師の犯罪が暴かれることになる。(病気の娘のことを思ってのことだけど、殺人や人体実験などは自分勝手としかいえないわね)

また、昔の娘たちの子守をしていた女性は刑務所内で出産をして名前を警部の娘の一人の名をつけた。そして裁判で恋人を庇っていたことなどから禁固刑が言い渡されるが、裁判前に刑期を終えていたので晴れて自由の身になる。

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>