友情

フットッボールの試合中に後頭部を殴打されて死亡すると言う事件が起こる。

女性検事らが調べていくと、殴打されなくても毒物を飲まされていたので死亡することになっていたと分かる。

殺人捜査となり、防犯ビデオに似たようなペットボトルを手渡している場面が写っていた男性を容疑者として逮捕する。

彼は、死亡した男性の会社の共同経営者であり、女性検事の高校の先輩でも会った。

調べを進めていくうちに男性が、図書館でIDなしにパソコンで毒物に関することを検索していたことも分かる。

はじめは、女性検事も高校のときにブロムのパートナーとして出席したこともあり、信じられないようだったが、だんだんと不利な証拠が出てくる。

以前に犬と一緒に散歩をしているところを見かけたことがあるのに、犬がいないのを不審に思い、犬で毒殺の実験をしたのではと、庭を捜査して犬の死体を見つけ毒物検査をした結果クロとなる。

裁判で有罪となり、女性検事は昔の二人の記念写真を彼につき返す。

そして、なぜ殺害したのかを尋ねると、お金を横領していたことが友達の彼に知られるのを恐れていたから、国税庁の査察の2日前に殺害したのだ。

ところが殺害された友人はそのことを知っていて、国税庁にお金を支払っていたので査察は中止になっていたことを彼は知らなかったのだ。

お金のために友人を殺害した彼、友人のためにお金を出したが殺害された彼、

犯人は大事な友情を壊してしまったのだ。

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>