潜入捜査官のドラマの感想

海軍中佐が殺害されるという事件が起こる。

中佐は衛星写真に関する仕事をしていたらしく、可愛がっていた姪が誘拐されて脅されて軍の機密を盗んだのだ。

中佐の友人が姪の居場所を突き止め、救出に行くが撃たれてしまう。

潜入捜査官が相手のほしがっている物を持っていると思わせて敵地に乗り込むが正体を知られてしまう。

誘拐犯は組織の者ではなく、なんと姪の別れた父親だったのだ。

父親は二重生活をしていた悪だったのだ。

正体がばれて危ないところを携帯電話がかかり、相手の気をそらせた隙にやっつけてしまうという話だ。

自分がメカオンチなのでよくわからず、遅れているのだろうが、今はパソコンの画面がスクリーンいっぱいに大きく手で操作できるようになっていて、このドラマはハイテク機器を使っているみたいだ。(それともそれが今は普通?)

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>