殺人の練習

遺体亡き妻殺しの裁判で夫は無罪になる。

その後妻の遺体が見つかるが、同じ事件では裁判が出来ないので新たな証拠探しをする。

夫の身辺を調べていくうちに、彼は人種差別主義者であり、結婚後に妻が黒人の血が混じっていることを知る。

別に愛人を作り、妻を殺害する前に予行殺人をする。

新聞に殺人事件の詳細が記載されていたのでそれを真似て顔見知りの女性宅に侵入して殺害をする。

そして死体を湖にダンベルの錘で沈める。

いざ本番の妻の殺害には予行殺人のときの顔が忘れられず、夫はしり込みしてしまうが愛人が二人のためだからと自分が殺害してしまう。

捜査官らは妻のことを知った日からの行方不明者を探し、該当者を見つけて新聞記事に載っていたように湖を探す。

その湖はもう埋め立てられているが、機械を使って遺体を見つける。

妻の遺体にストッキングがあり、マイアミでは珍しいことで犯人が他の州から来たと思い、ストッキングに付いていたその爪が検査の結果愛人のものだと分かる。

それで二人を逮捕する。という話だ。

いくら黒人が嫌いだからといって殺害するなんて奥さんも可哀想!

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>