祖父の事件

刑事の祖父が残した手紙を調べていくうちに、孫の刑事は謎をつきとめようとする。

折りしも製薬会社の動物実験に反対する動物愛護団体の抗議活動で会社を荒らして森に逃げ込んだときに白骨死体を見つける。

それは半世紀以上も前の死体で、検視の結果かなり苦しんでいたことが分かる。

その場所は昔陸軍病院があり、現在はその病院の創設者の孫が製薬会社を経営していた。

愛護団体の一人がひき逃げで殺されるが、犯人が会社に侵入して秘密を盗んだと勘違いして別の人間を殺害したのだ。

犯人は製薬会社の社長で刑事の祖父が従軍していたときの軍医の孫でもあったのだ。

刑事の祖父の遺品の帽子に軍医が兵隊を人体実験していることを書き記していたのを孫の刑事が見つけ、製薬会社に単身乗り込むが、そのときに別の方面から調べていた警視が来て逮捕すると言う話しだ。

祖父が悪なら孫も悪という事かしら。

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

祖父の事件 への1件のコメント

  1. Hello There. I found your blog using msn. This is a really well written article. I’ll be sure to bookmark it and return to read more of your useful information. Thanks for the post. I’ll definitely comeback.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>