元軍人の悲劇

連続殺人事件が起こる。

小さな町の警察署では手が回らない。

FBIに要請があり捜査官らが出向いて犯人像のプロファイリングをする。

不特定な人たちの殺人であることや、殺害現場近くに住んでいた痕跡などから犯人は自分の周りに侵入したものを殺害しているようだと考える。

そして犯人は元特殊部隊の退役軍人でありPTSDの症状が出ていて、この町を戦場と錯覚し助けを求めていることが分かる。

捜索願いが出ている家族を呼び出し、聞いてみると犯人像に当てはまる。

友人も一緒にいたので協力してもらい彼を逮捕に行くがそのときに子供が侵入してきたので、犯人が子供に近づこうとしているのを見て(犯人は戦場と思い込み助けようとするつもりだったと思う)狙撃手に射殺されるという話だ。

なんとも悲しい事件だ。

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>