はじめてのお使い

はじめてのお使いと言う番組を見た。

小さな男の子の母親から卵とお肉と薬を頼まれてひとりでお使いに行くもので卵はいつも母親と一緒に買っている自販機での買い物だが、背が足らず手が届かないので、隣の郵便局の局長さんに頼んで少し抱き上げてもらって無事に卵を買うことができたり、お薬ではおでこに貼るシップ薬を肩こり用と間違えたけどお肉はちゃんと買えて一人で買い物をして帰るというのだ。

一生懸命に買うものをお店の人に言うところは見ていて本当に微笑ましい。

又、小さな姉妹が父親が友人から大きな伊勢海老をもらったのでカレーを作ってもらうように、母親が実家の手伝いに行っているので1キロほど離れた実家までそれを届けにいくというのだ。

はじめは仲良く歩いていたが、遅くなるので姉が妹の手を強く握ったために妹が痛がって拗ねるが御菓子作戦で成功してまた仲良く歩き出したりして無事におばあちゃんの家に届けると言うものだ。

まだ小さいけれどしっかりとお姉ちゃんぶりを発揮しているのには感心するわ。

小さな子供が一生懸命に頑張るのを見るのはほのぼのとしていいものだわねぇ~。

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>