捜査官

ニューオーリンズで 連続殺人事件が起こる。

担当刑事は台風で死亡してしまい、資料なども一緒に流されてしまう。

担当刑事の息子も刑事でその後を引き継ぐ。

FBI捜査官らが現地に赴き調査を始める。

そしてあらたな被害者がでて、いろいろ調べていくと、連続殺人犯は女性だということが分かる。

亡くなった担当刑事の昔の仕事関係で数年前にレイプ被害の女性がいたことがわかる。

担当刑事の相棒は相手の男たちを知っていて、事件をもみ消す。

それで担当刑事は相棒と仲たがいをしてしまうが、亡くなってしまったので昔の事件のことをその相棒に聞き、地元の青年に当時のことを聞き出す。

そして被害者の女性の名前がわかるが、プロファイリングで医学の知識があると思っていたら、当時は医大生だった事が分かる。

連続殺人犯はそのレイプ被害者で、トラウマになり殺人を犯していたのだ。

彼女の次の犯行現場に捜査官らが急行し彼女を説得して、なんとか被害を出さずにすんで無事に犯人逮捕となる。

レイプ事件は被害者にとって精神的に大変だと思う。

また、前に捜査官が誘拐されたことでその捜査官が精神的にちょっと不安定のようだったみたいだけど、今回で自分の居場所がはっきりとわかったみたいだ。

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>