映画

ザ・シューターと言う映画をケーブルテレビでみた。

ウェズリー・スナイプス主演の映画で、ストーリーはイギリスが舞台でCIA諜報員が暗殺を命じられて、暗殺は成功するが、逃げるときに仲間が警察に射殺されて自分も負傷するが、仲間の隠れ家のアパートに逃げ込む。

そのアパートの住人で仲間と親しかった女の子(名前を忘れちゃったけど、両親を交通事故で亡くして祖母と2人で暮らしている)に助けられる。

その女の子は両親が亡くなり寂しくて、愛情に飢えているように感じた。

CIAの上司に殺されそうになったり、警察の人間を殺した罪(実際はCIAの上司が殺した)で警察に追われて罠にかかったりと、ハラハラドキドキだったけど、女の子の助けなどで最後には無事にアメリカの故郷の牧場に帰るのだが、

別れのときに女の子も一緒に行きたがっていたシーンがあり、一緒に連れて行けばいいのになと思ったわ。

その後アメリカにおばあちゃんと女の子を招待して、女の子と一緒に野生馬を自然に返すという場面があり、それが印象的だった。(よかったわ)

いつものアクションばかりでなく今回の彼の役はなかなかよかった。

面白かったよ。

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>