家族

妻が夫を殺害するという事件が起こる。

女性検察官らが調べていくと、子供は男の兄弟は父親と母親の二人にそれぞれ分かれていた。

被疑者の妻に問いただすと夫は昔自分の分析医だった事を告白する。

裁判のときもはじめは弁護人を雇っていたが、途中から自分で弁護をすると言い出す。

そして裁判のときに夫が自分の子供たちを実験台にして、ストレスをかけて催眠の暗示を試していたことを暴露する。(要するに妻も実験のことは知っていて何もしなかったということよね)

女性検察官らは、中立の立場の下の女の子の証言などもさせる。

そして裁判の結果夫殺害で妻は有罪となる。

長女が兄妹たちの親権を母方の祖父母と対するのに女性検察官らに協力を頼んで引き受けるというところはよかったわ。

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>