父と子

少年保護施設の近くで少年たちとトラブルがあった男性が死亡する事件が起こる。

容疑者の一人として被害者とケンカをしていた少年が浮かぶ。

また、その施設に新しく赴任してきた所長は女性警部の大学時代の恋人でもあった。事件を調べていくと犯人はなんと被害者の弟だった。

兄の家に居候をして、兄の息子と施設の女の子が交際しているのを容認していたが、兄はそそのかしたのだろうと口論になり、振り払ったはずみで倒れてしまったのだ。事故なのにそのとき届けていればよかったのに黙っているから大変なことになってしまったのだ。

この施設に女性警部の昔の恋人が赴任したのはかっての恋人が妊娠したのを信じず逃げ出してしまったのを後悔して、恋人が亡くなり息子が施設にいるのを知ってこちらにきたのだった。

容疑者となっても息子を信じていて、警部がその少年に被害者とケンカをした後のことを詳しく聞きだして、被害者の弟の車が事件現場に止まっていたことを思い出し事件解決となったのだ。

反抗的な少年も父親と一緒に生活できてよかったね。

警部は昔の恋の再燃とはいかなかったみたい。

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>