思い込み

公園で女性の殺害事件が起こる。

被害者は弁護士見習いの女性で、憧れの弁護士の下で働けると喜んでいた彼女だが、警部と女性刑事が事務所に行くと事務長は彼女はもう以前に辞職をしてしまったという。

被害者は何年も音信普通の父親違いの姉が商売をしているネットでのデイトの仕事をしていた。

その弁護士に尋ねると彼女と婚約をしていたと言う。

弁護士のことを調べると過去にも婚約していて挙式の数日前に殺害されて未解決事件となっていることも分かる。

そのとき彼も容疑者として疑われたが、事務長がアリバイを証言したという経緯があった。

常に献身的に彼に尽くす事務長に警部らは気にする。

そして婚約者の殺害の凶器が推定され、それを婚約者の弁護士が持っていて、証拠を隠滅しようとした痕が見られることなどから疑われるが、警部らは事務長のことを尋ねる。

それで弁護士は思い当たることがあると見て事務長がいる図書室で彼女に問い詰める。彼女は婚約者たちは彼にふさわしくないと勝手に思い、彼の出世の邪魔になるからと殺害したのだった。

短気な弁護士はそれを聞いて自分が愛した女性を殺されてカットなり事務長を突き落とそうとするところを警部らに止められるという話だ。

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>