異常な性格

行方不明の女子高生が遺体で発見される。

暴行の痕もあり、死後数日とみられた。

その後、別の女子高生が行方不明と警察に届けがあり、警部や女性刑事らは前の事件と関連があると疑う。

調べを進めていくと行方不明になる前に女子高生が赤毛の女性と地図をもって話していたという目撃情報が出てくる。

赤毛の女性を追跡していて、病院に夫から暴力をうけて治療にきた女性と話す。その態度などから警部らは不審に思う。

夫の事を調べると過去に暴行事件を起こしているが、起訴はされていないことがわかった。

過去の暴行事件の被害者の女性に話などを聴き、彼が犯人だと警部は確信する。

行方不明の女子高生は糖尿病の持病があり、あと1日がリミットだといわれ、暴行を受けた妻に協力してもらうように女性刑事が説得する。

女子高生の居場所がわかりぎりぎり間に合ってほっとする。

女性刑事は妻に同情をするが、警部は妻も共犯だと疑う。

過去に妻の従妹が事故死している事件などを調べなおし、薬を飲まされていたことが分かる。夫婦で暴行殺害をしていたのだ。また妻は録画をしていることもわかり、その証拠を見つけ出すために罠をしかけて見つけ出す。

妻は夫を溺愛していて独占欲が強く、他の女性が側にいるだけでも我慢ができないような性格だったのだ。

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>