女性心理分析官

若い女性が殺害されるという事件が起こる。

新たに女性心理分析官が女性警部が署長をしている警察署に赴任する。

心理分析官は野心家のようで、殺害事件での検視ミスを見つけ自分が検視するように交渉する。

次の被害のことも予測したり、検視ミスも見つけるなどして警部の信用を得る。

マスコミに事件のことを話しているのに警部が驚き、検事のところに出向いたところで離婚協議中の心理分析官夫婦に出会う。

捜査を進めていき彼女の夫が2人の被害者の愛人だったことも分かる。

また、警部の署の検視官が見過ごした証拠からのDNAを心理分析官(検視官も兼ねる)が調べ夫のものと一致する。

警部は証拠の一致などから夫を逮捕するが、夫は妻を信用するなという。

警部や部下たちはもしや心理分析官が犯人ではと疑い罠をしかける。

そして彼女が3人目を殺害しようとする寸前で逮捕する。

嫉妬心から妻は夫の愛人たちを殺害して証拠を捏造して夫に罪を着せようとしたのだ。

警部は妻が犯人だと知っていたのに黙っていたので夫も逮捕するという話だ

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>