捜査官の過去

主人公の捜査官の過去のことだ。

施設を転々と変わり、里親も変わっている記録の手帳を捜査中に見つける。

本当の名前も分からず今はKと呼ばれている。

手がかりを得ようと捜査をするが、CIAも絡んできて捜査から外されるが、仲間に手帳を調べてもらい、ある女性の名前に目を留めて調べていく。

その結果、彼女は昔、Kの姉と一緒に施設にいたことがあり、事故で亡くなったときに、父親がアラブ圏の隠し財産のことである連中から狙われ殺害されて逃亡していた事情から姉の名前を名乗っていたのだ。

Kは自分の本当の名前を姉が言っていたか尋ねるが、彼女はただ弟と言っていただけで名前は分からないという。

無事に彼女は保護されてCIAの捜査官に父親から聞いていた場所を教える。

捜査官はそれで引き上げるが、後で彼女はその場所は今はもう解体されてなくなっているけどと他の人たちに話すが、後のことまで言わなくていいとみんなに言われる。

また、Kは亡き姉のお墓に参るがそこで自分には家族が居ることが分かり、監視されているような感じで次のシリーズに続くところで終わっている。

謎がありちょっと気になるな。

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>