刑事の間違った思い込み

女性が殺害されるという事件が起こる。

CSI捜査官らが調べていくと似たような事件が過去にあったのに気づいて調べる。そして容疑者として眼科医が上がっていたが証拠不十分で起訴されなかった経緯があったことがわかる。

今回そのときの事件の担当刑事が現場を外され事務職についていたが、犯人はその容疑者の男だと思い込んでいて、過去に似たような被害で助かった女性が被害届けを出したのに相手にしなかったその担当刑事が今の事務職の刑事だったがまた狙われるといって自宅に押しかけたところを彼女の通報で刑事を押しとどめる。

その後その刑事は犯人は例の医者だという思い込みから、身寄りのない悪女を殺害して男に罪を着せようと証拠を捏造する。

捜査官らが現場での証拠から刑事のものと思われる証拠を見つけ刑事を逮捕する。

その後の捜査官らの捜査で犯人がわかる。

犯人はなんと被害届けを出した女性の婚約者だったのだ。

襲ったときに自分に合う女性と感じてその後婚約したが、彼女がガンにかかったことを知り、昔のようにまた殺害しだしたのだ。

逮捕された刑事はそれを聞いて自分が間違っていたことを知り自殺をしてしまうという話だ。

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>