捜査官

女性コンサルタントが殺害される事件がおこる。

NYCSIの係官らは、現場での証拠集めをする。

ところが、検視をしようとする部屋に何者かが侵入したり、また被害者の家も荒らされたりしていることから、何かを探していると考える。

そしてそれが彼女が司法長官の部屋の秘密情報のファイルを盗みだしたメモリーだと分かる。秘密をばらされるのを恐れた何者かの仕業と察する。

事件現場の近くの監視カメラなどから、目撃者を見つけるがそれはなんと人形だったのだ。

また、捜査官の学生時代の友人の父親が悪事を働いていて被害者の女性に解決

してもらったことなどから、便宜を図って欲しいことを話すが、捜査官は断る。

その後雇われ男らに暴行されるが、友人の父親に借りた金を返すように友人に渡しきっぱりとした態度で通す。

被害者の女性を殺害したのは、目撃者の人形があった部屋の住人だった。

自分のパソコンから盗まれているのに気づき、後を追いかけて殺害しメモリーを人形の顔の中に隠していて、そのメモリーに指紋と被害者の血痕がありそれが決め手となり逮捕されるという話だ。

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>