競馬場殺人事件

競馬場で殺人事件が起こる。

レース中の出走馬の馬主がボルトガンというもので殺害されたのだ。

CSIの捜査官らが調べていくと共同経営を持ちかけていた男が浮上したりする。

捜査官の一人が自分の保証人となっていた獣医の男がマフィアに脅されていることがわかる。その男はギャンブルの借金があり仕方なく八百長をするようになったのだが、馬が可哀想でしなかったのだ。

一方レース中の様子を殺害された馬主が録画していたので、それから騎手が不正をしていたことがわかり、逮捕されるが殺人とは無関係と分かる。

捜査を進めていき共同経営を持ちかけた男のガンが盗まれていて、そばに馬券があり、それらから競馬場の中で馬券を拾っている男がいて馬のえさ入れからガンも見つかり男に話を聞く。

自分の有り金を出して買った馬を馬主に騙されて売り、その馬が優勝するのを見るたびに腹が立ち殺害したということだ。

また脅された獣医は友人の捜査官の協力で新しく出直すことになるが、捜査官のメンバーが狙われているような感じで次に進むで終わっている。

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>