犯罪捜査

ある研究施設で女性博士が空気感染するウイルスにかかり、施設に閉じ込められる。博士は自分のミスではなく容器のふたが外れていたという。

セキュリティが厳重なので犯人は限られてくる。

毒性が強いので博士はその後数時間で亡くなってしまう。残された娘は可哀想。

捜査官やアドバイザーらが調べていくと厳重なセキュリテイシステムが警備員の判断で故障ばかりするので機能を停止していたことが分かり、容疑者の範囲も広がり調べていく。

そこでアドバイザーは例の容器が外れて毒が研究所内に蔓延して残り時間が少ないことを伝える。そして捜査官の部下に所内からの秘密の抜け道の通路があるのでそこから出てきた者が犯人だと教える。

そして博士の同僚が抜け道からでてきて逮捕される。

事情を聞くと在庫管理の仕事をしていたので少しずつウイルスを盗み出して裏で高額で売ってお金を儲けていたことを話すが、所内検査でばれそうになるのを恐れふたを外して博士のミスにしようとしたのだった。

 

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>