コミック作家

無残な殺され方の事件が続けて起こり、行動分析官らが現場を調べる。

分析した結果、犯人は精神を病んでいる者だと判断する。

また、事件がおこっている範囲が限られているのでその近くにいると判断する。

一方人気コミック作家が出版記念の挨拶の途中に逃げ出し、捜査官らが逐一犯人像のことを報道していて、それを見た作家のエージェントが警察に話す。

そして作家の最近の作品がおぞましく事件と同じなのを見て捜査官らは彼を逮捕する。

作家は数ヶ月前にストリートギャングに襲われ、婚約者は殺され、自分も重傷を負ってしまい、それから精神を病んでしまい、復讐をしていったのだ。その作品でストリートギャングのボスが殺害されている場面の描写の場所を尋ね最後にそこを見つける。

ギャングのボスは殺害されていて、作家は精神病院に入り婚約者のイラストばかりを描いて、彼女の携帯に掛け、留守電の彼女の声を聴いているところは印象的だったな。

 

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コミック作家 への1件のコメント

  1. Joe より:

    If you wrote an article about life we’d all reach entilhgenment.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>