依存症

殺人事件が起こり被害者を調べていくうちに皮をなめす時に使われる薬剤の反応があり、その場所を調べていく。

すると薬品保管庫のドラム缶のなかから、胴体の部分がまだ溶けきらずに残っている死体を2体発見する。

失踪人リストから2人の身元が確認され、家族に事情を聴く。

夫が妹夫婦を迎えに出たきり、行方不明となったことを話す。

妹がまだ発見されていないので生きていると希望を持つ。

その後の捜査官の捜査で犯人がわかる。犯人はゴミ回収業を仕事とするハンターだったのだ。強盗で言うことを聞かないので3人とも殺害してしまい、腐敗が激しいので冷凍していたのだ。

そして、強盗のときの相棒がおしゃべりなので口封じに殺害してそれから3人の被害者のことが分かったのだ。被害者の家族はまだ生きていると思っていたのにさぞかし悲しいことだろう。

また、検死医が鎮痛剤の薬を盗み他人に罪を着せていた事などから、前に同僚が薬を飲んでいるところをみて忠告をしていたのにまだ止めていなかったので上司に報告し、証拠をみつけて内部監査に調べてもらうように報告する。

そして検死医は逮捕されることになるという話だ。

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>