大物財界人の秘密

転落死事件が起こる。

NYの捜査官らが捜査を始めるが、事件現場は大物財界人で公務員の給料未払い騒動のとき市警に多額の寄付をした男性のマンションでの出来事だった。

男性が以前に殺害された女性の顧客だったので指紋を使ってその男性のセキュリティを抜けて侵入したのだ。

大物財界人の男性は自分は狙われたのだと言い正当防衛という。

転落現場で遺体を見ると指紋が消されていて身元が分からないようにされていたので少なくとも複数の人が関わっていたと思われる。

そして殺害された女性が持っていたメモリーが証拠保管庫から紛失し、盗み出したその警察官が殺害されていたことなどから捜査官らは以前の女性殺害事件のときの関係者などからFBI捜査官が浮上する。

そのメモリーには大物たちの秘密が隠されていたのだ。

そしてもう一人のFBI捜査官も見つけるが死ぬ前に騙されたと言い残す。

大物男性のオフィスを調べて金庫の中の銃を見つける。

銃を調べるが改造されていて証拠が一致しなかったが、CSIの捜査官らが調べた結果同じ銃だと分かり、大物の息子が犯人だと分かる。

 

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>