芸術家?

硬直した遺体が発見されCSIの捜査官らが駆けつける。その後次から次と同じような遺体が発見される。

捜査官らは調べを進めていきそれぞれの遺体の共通点を探し出す。

そして被害者たちは睡眠薬を飲まされガスをかがされポーズをとらされて硬直している状態で発見されている。それで芸術の面で調べていき有名な画家に事情を聞いてみると、下手な芸術には見向きもしない画家で、アトリエを改装したときの出入り業者に作品をみせられたことがあるという。

また、ネットでの最初の被害者の写真の公開での応援記事などを書いた男も調べていく。市のブロンズ彫刻応募関連から犯人の男の身元がわかる。

その応援した男に犯人からの書き込みもあるはずと考え男に協力させて男のIPアドレスから居場所を突き止める。

そして男を逮捕するが自分の芸術が見向きもされずにいるので人に忘れられないように人間を使ってデザインをしたのだという。

最後の子供の作品で完成するので子供の居場所は教えようとはしないので、捜査官らは遺体についていた粉から倉庫の場所を探し出し、子供を見つけ懸命に蘇生マッサージをして無事に助かるという話だ。

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>