突然の別れ

 

法医学の検視官の家族が交通事故にあい死亡する事件が起こる。

残された教授は警察に捜査の進展具合を聞こうとするが、はっきりとは答えてくれないので自分でひき逃げ犯を捕まえようとする。

遺品を整理していると娘の別の一面を見てしまう。そして娘の友達からあるバーに行く。

そこで別人になりたいので偽造してくれるようにある男に接触し、その男のあとをつけてある倉庫に侵入する。そこでは詐欺グループがホテルなどのお客のカードをコピーしてそれで大量に商品を購入して売りさばいていたのだ。

倉庫の一室に隠れるとそこに事故にあった被害者の入院先で事故のことを教授が尋ねていたときに見かけた男だったことが分かる。

検視官らが川で見つかった遺体(潜入捜査官)を調べていき詐欺グループと関連があることがわかり、警察は教授に協力を求める。

そして詐欺グループの中で裏切って逃げ出そうとした仲間を殺害しその恋人が自白したりしてバーで会った男を逮捕するが、ひき逃げ犯ではなかった。

教授はバーに立ち寄り、ふとしたことからある男が自分が調べた証拠で犯人に符合する男を見つけ、復讐しようとするが思いとどまる。

最後に教授が男泣きするところは切ない感じね。

 

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>