保険金詐欺

アメリカからのイギリスでのルーツ探しに来た女性が遺体で発見されると言う事件が起こる。

事件を担当する警視は事件のあった場所が昔自分が若いころに赴任していたところで、そのときに中のよかった同僚女性刑事も加えて捜査に当たる。

宿泊先のホテルのボーイに様子を聞いたり、墓地の雑用係の男にいろいろ事情を聞いたりする。そしてアメリカから被害者の夫が来日して遺体の確認をする。

捜査の進行状況に興味を示すが彼はアメリカの警察官でもあるので協力したいと申し出て捜査本部に顔を見せに来る。

警視は遺体の血液型などを調べてアメリカの被害者の血液型と照合させる。その結果遺体は別人であることが分かる。

また、警視の部下の一人の女性刑事は警視の昔の同僚の女性刑事がホテル関係者と元夫婦であったことを突き止める。警視はその元夫のことを調べさせ、空白の数年間があることを知り問い詰めると取引を持ちかけて話し出す。

空白の時はお金のために外国でスパイ活動をしていたことを告白する。そしてイギリスに戻り、ネットに商売で自分の顔がでて身元が分かり、脅迫されて仕方なく今回の事件の片棒を担いだことを話す。警視は話を聞き元同僚の女性刑事は退職と言うことになる。

そして自分のルーツを探すうちにイギリスにいとこがいることがわかったアメリカの女性が警察官の夫と保険金詐欺を計画し、自分に似ているいとこを殺害して自分が死亡したことにして保険金を受け取る算段でホテルの男の別荘に隠れていたが夫に殺害されてしまう。警視は夫を呼び出し、犯行の自白を促すが逆に襲われるが無事に男を逮捕すると言う話だ。

Random Posts

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>